ロゴ

【気になる離婚の慰謝料】弁護士によって請求額が変わるって本当?

HOME>トピックス>慰謝料請求は離婚問題に強い専門弁護士に相談!

いろんなパターン

慰謝料と一言で言っても様々なパターンがあります。多くの方が慰謝料と聞くと離婚や浮気などをイメージすることが多いですが、実際には名誉毀損や婚約破棄、暴行や傷害による請求パターンもあるのです。慰謝料の種類と概要についてまとめた記事を紹介するので参考にしてみましょう。

慰謝料の種類

男性

不倫・浮気

慰謝料にはいくつかの種類があります。代表的な慰謝料の一つとして、不倫や浮気による慰謝料が挙げられていますが夫婦関係があるのにも関わらず、特定の相手と肉体関係を持っている場合に請求することが出来ます。夫側だけでなく浮気相手にも請求できるケースもありますよ。

婚約破棄

婚約を結んでいたのにも関わらず、一方の都合により破棄されてしまった場合にも慰謝料を請求することが出来ます。不法行為として法律でみなされることによって慰謝料を請求することが出来るので、状況によって請求の可否が変わってくるのです。

名誉毀損

名誉毀損も慰謝料請求が可能です。名誉毀損の場合も不法行為となりますが、認められた場合は犯罪行為にもなるため刑事上での懲罰が下されることもあり得ます。名誉毀損の定義として、不特定多数の相手に個人の知られたくない情報やありもしない噂を公表し、社会的評価を下げるという行為が該当しています。

暴行・傷害

暴行や傷害によって肉体的にも精神的にも負担が掛かる場合は慰謝料の請求を行なうことが出来ます。怪我をした場合は障害にあたり、怪我までにはいかないが被害を受けた場合は暴行とみなされるケースが多いです。傷害や暴行による慰謝料請求額は離婚同様に多いとされています。

慰謝料は必ずもらえる訳ではない

慰謝料は請求すると必ず支払ってもらえると思っている方も少なくないでしょう。しかし請求が通るケースと通らないケースもあれば、請求できる金額が少額になってしまうこともあるのです。慰謝料請求で気をつけておきたい事を、いくつかリストアップしているため目を通しておくと役立ちますよ。

慰謝料請求で注意したいことリスト

  • 欲を出し過ぎない
  • 焦って解決しない
  • 請求金額にこだわり過ぎない
  • 証拠集めはしっかりと行なう

慰謝料請求は離婚問題に強い専門弁護士に相談!

女性

離婚の慰謝料請求なら

離婚の慰謝料請求を行なうのであれば弁護士に相談するようにしましょう。弁護士を利用することによってきちんとした請求を行なうことが出来ます。また離婚の状況を見て請求できる額を把握してくれるため個人では分からない部分にも対応することが出来るようになるのです。

男性

離婚問題に強い弁護士

弁護士にも得意不得意があります。「離婚の慰謝料請求したい」という方は離婚問題に強い弁護士に相談するようにしましょう。弁護士や法律事務所の実績を確認しながら、インターネットサイトで検索をすると探しやすくなりますよ。

計算

請求額は弁護士次第

慰謝料の請求額は弁護士の経験と知識によって異なってきます。依頼した弁護士は過去の慰謝料請求の事例をどれだけ知っているかによって適正な請求額を判断することが出来るようになるのです。ただし弁護士の腕前だけでなく、離婚の原因や状況でも請求額の差は生まれるのでその点も覚えておきましょう

女性

経験豊富な弁護士に相談

弁護士に依頼をするなら、経験豊富な弁護士に相談するようにしましょう。離婚問題だけでなく、B型肝炎の給付金問題や交通事故の示談金などの様々なジャンルに精通した弁護士であれば知識も経験も多いので頼りになるのです。

慰謝料と損害賠償の違い

慰謝料

慰謝料は精神的苦痛を受けた場合に請求する迷惑料のようなものとなっています。器物の損害や単なる怪我では慰謝料は発生しないことが多いとされてるのです。

損害賠償

損害賠償は細かく枝分かれしています。物が壊された場合は財産的損害ですし、精神的に傷つけられた場合は精神的損害となるのです。精神的損害で発生する請求額が慰謝料と呼ばれています。